「ウィンダーズ先生のダウン症のある子どものための身体づくりガイド おうちでできる練習BOOK」

SUPLIFE美保です。
コロナがえらいことになり、身近な人がどんどん感染しています。我が家はマスクをして、手洗いうがいを徹底する、という、これまでと変わらぬスタイルで、なんとか日々を過ごしています。
もういつ誰が感染してもおかしくないですね。。。出来ることを各自でやっていくしかない状況ですね。
さて、amebloがオフィシャルになり、過去を遡って事細かく書いているのですが、まー暗い暗い。笑
あのくらーい時代があったからこそ、今の私がいるんだよなー。としみじみ書いております。

ダウン症のある かのんちゃんとその家族の日常 オフィシャルブログ Powered by Amebaダウン症のある かのんちゃんとその家族の日常さんのブログです。最近の記事は「仮告知 #28 国境なき医師団 大量の悪露(画ameblo.jp


そして、あの辛かった時に、愛梨さんがアメリカの療育をシェアしてくれていて、どれだけ心強かったか。
その愛梨さんの思いが一冊にまとまっている本があります。
「ウィンダーズ先生のダウン症のある子どものための身体づくりガイド おうちでできる練習BOOK 」
我が家はこの本を保育園の先生に渡しており、先生たちが読んでくださっております!先生たち、この本をとても喜んでくれました!
自分で読むもよし、まわりの方に読んでもらうもよし。ぜひ必要な方に届けていただきたい一冊です。

ウィンダーズ先生のダウン症のある子どものための身体づくりガイド おうちでできる練習BOOK 原著第2版ウィンダーズ先生のダウン症のある子どものための身体づくりガイド おうちでできる練習BOOK 原著第2版www.amazon.co.jp5,500円(2022年01月30日 01:33時点 詳しくはこちら)Amazon.co.jpで購入する

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

★SUPLIFE マンスリーサポーター、ご寄付はこちらから:https://syncable.biz/associate/SUPLIFE/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

関連記事

  1. 経口補水液

  2. コーヒーを買ってマスクを送ろうキャンペーン

  3. 【あの日のまつもとたくや】 vol.3 『アイコンタクトの大切さ』

  4. 書家 金澤翔子さんの展示会へ行って

  5. 食に悩むお母さんへ1

  6. 障がいを持つアーティストと支援環境について