キングコング西野亮廣様 えんとつの町のプペルからもらう愛

キングコングの西野さんが現在やっているクラウドファンディング。「えんとつの町のプペルの映画を、子どもたちへプレゼントしたい🎁」



この企画にSUPLIFEメンバーのえみちゃんが応募してくれて見事に選んでいただき、 シバタアツシサンからプレゼントしていただきました。

本当にありがとうございます。

プレゼントはもちろん嬉しいのですが、何が1番嬉しいって  SUPLIFEの写真をプロジェクトのとこで使っていただいてること! プロジェクトのとこって西野さんの思いがたくさん詰まっている大事な部分だと思うのです。そこにSUPLIFEメンバーの友美子ちゃんの写真が!映画『えんとつ町のプペル』を全国の子供達にプレゼントしたい by キンコン西野│SILKHAT(シルクハット)吉本興業のクラウドファンディング映画『えんとつ町のプペル』(前売り券)を子供達にプレゼントしたい人と、映画『えんとつ町のプペル』をプレゼントを受け取ってくsilkhat.yoshimoto.co.jp


2月26日7時にスタートしたこのクラウドファンディング。トップバッターで載せていただいてたようなのですが、7時半に見た時にはすでにシバタさんがプレゼントしてくださってた!

このクラウドファンディングは「応援したいな」とか「このコミュニティにプレゼントしたいな」と思ったらサポートするマッチング形式なのですが、すぐにプレゼントして下さったことはSUPLIFEにとってどれだけの大きなエールだったことか!



うちみたいな米粒団体にもこうして光をあててくださったキンコン西野さんへ感謝しかないのです。

SUPLIFEを知らなかった方へ、このクラウドファンディングを機に私たちの思いや活動を知っていただくことができた。誰もが当たり前に隣にいて、当たり前に自分らしく生きられる世の中になるには、まずは知ってもらうこと。だから西野さんはじめ、このクラファンに携わっている皆様に感謝なのです。

嬉しいね。


コロナの影響で、この世の終わりかのような買いじめ。ドラッグストアーの店員さんに詰め寄る人をみかけて悲しくなった昨日。

それもこれも誰が悪いわけでもなくみんなが少しの優しさを忘れてしまったから。不安で押しつぶされそうだから。リアルもテレビもそんな人間の悲しい性ばかりが目立つ今だけどこれをみてほしい。



「優しさを与えるチャンスをくれてありがとう」



「優しさを教えてくれてありがとう」心の中で何度もサポーターの皆さんへお礼を言いました。

殺伐としている今この時期。人の優しさに触れてホッとしているのは私だけではないはず。



ひとかけらでもいいから心の中に愛と優しさを忘れずに。自分も時々忘れそうになる。そんな時はサポーターの皆さんを思い出そうと思います。

西野さん、素敵な企画をありがとうございました。

シバタさん、温かい思いをありがとうございました。

このプロジェクトに関わってくださってる皆様、優しさをありがとうございました。

人ってやっぱり素晴らしい!

みんな幸せになりますように。

最後に。この絵本を泣きながら読む母。それを大号泣しながら必死に聞く娘6歳。マイペースな4歳T21。とても幸せな夕食後の時間がここに。

関連記事

  1. 「働いているみなさんへ 感謝の動画」東京新聞へ掲載されました

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。