塔本シスコ展「シスコパラダイス」@世田谷美術館

記事:ユミコ
砧公園に隣接する世田谷美術館。そこで現在開催されている塔本シスコ展。
私はこれまで彼女のことを知らなかったのですが、溢れんばかりの鮮やかな色彩の絵に吸い込まれるように美術館へ入っていきました。
塔本シスコは熊本県生まれ。「シスコ」という名は養父がサンフランシスコ行きの夢を託しました。実家の家業が傾き、小学校4年で退学、奉公に出されるなどし、美術教育は受けていません。20歳で結婚し、一男一女に恵まれますが、46歳で夫が事故死。53歳から独学で油絵を始め、自宅の四畳半をアトリエに、91歳で亡くなる直前まで絵筆を握り続けた、という人です。
何者にも囚われず、自由でのびのびと書かれた絵を見ると、こちらまで心がわくわくしてきます。シスコは絵を描くことが生きる喜びとなっていたのでしょう。「表現せずにはおれなかった」人の人生を知ると、それがどれだけ人生に彩りを与えたか、心の支えになったかと想像してしまいます。
自分のために描いていたものが、人の心を打ち、共感を呼ぶ。
いつからだって始めるのに遅いなんてことはないし、それが自分を幸せにするものならばなんだってやってみればいいんだなと感じました。

塔本シスコ展 シスコ・パラダイス | 世田谷美術館 SETAGAYA ART MUSEUM50代から独学で油絵を始め、自宅の四畳半の一室をアトリエに、自由奔放に描いた塔本シスコ(1913–2005)。人生を丸ごとwww.setagayaartmuseum.or.jp

NPO法人SUPLIFEは「どんな人もその人らしく暮らしていける社会」を目指して、豊島区を拠点に全国へhappyを届けたいと活動している団体です。 障がいのある子、病気の子、LGBT…この世の中はいろんな人が地球を彩っています。小さな頃からいろんな子がいる事を自然と知る中で、大人になった時の心の壁が少しでもなくなっていたらと考え活動をしています。 この活動を皆様からのご支援なしで続けることが出来ません。 この度ソフトバンクから簡単に寄付ができる「つながる募金」の利用を開始しました。 携帯電話の利用料金の支払いと一緒に継続的な寄付ができるだけでなく、ソフトバンクスマホをご利用の方限定でTポイントでの寄付も可能です。 ご支援、ご協力を賜りますようよろしくお願いします。

—————————————

・SoftBankのスマホからご利用料金とまとめて寄付 https://ent.mb.softbank.jp/apl/charity/sp/select.jsp?corp=582  

・どなたでも可能 クレジットカードで寄付 https://ent.mb.softbank.jp/apl/charity/sp/creditSelect.jsp?corp=582 

 ・Tポイントで支払 (SoftBankのスマホをご契約の方限定) https://ent.mb.softbank.jp/apl/charity/sp/tpointSelect.jsp?corp=582  

・寄付方法選択画面 https://ent.mb.softbank.jp/apl/charity/sp/careerSelect.jsp?corp=582

関連記事

  1. ムーディさんとキッズパーク!

  2. 3/20(土)より バディウォーク東京2021 for all オンラ…

  3. バディウォーク東京のレポをご紹介 (comugicoさん)

  4. sukasukaippo五本木愛さんより 11/19(木)10:00~…

  5. 口腔体操

  6. ダイアログ・イン・サイレンス