わたしたちが生きる地球のこと2〜相対的貧困とは?

おはようございます🌸2030SDGsファシリテーターのエミです。

久しぶりのSDGs関連投稿になります☺️

【わたしたちが生きる地球のこと2】

地球上にはどんな問題があるのか?ごく一部ですが時々こちらでご紹介するコーナー2回目です。

★7人に1人

これは、日本のこどものうち、「相対的貧困」の状態にあるこどもの数です。~相対的貧困ってなに?

前回、世界のこどもの5人に1人が学校に通えていない、というお話をしましたが、こうした子の多くが「絶対的貧困」にあります。

絶対的貧困とは、1日約200円未満で暮らす貧しさを言います。日々の食べ物など、必要最低限のものを確保するのも困難な状態です。

一方、「相対的貧困」は、その国の水準と比較して困窮した世帯のことで、ざっくり言うと「国民の所得の中央値の半分未満」。

日本は、国全体で見ると「豊か」な国ですが、G7で2番目に「相対的貧困率」の高い国です(1番はアメリカ)。

こうした問題を支援するために、「こども食堂」や「学習サポート」をする団体も増えていますが、まだまだ数は足りてないそうです。

貧困の中、十分な支援が届かない子供が多くいる状況は、社会全体でみると、どんなマイナスがあると思いますか?

4月24日(土)バディウォーク東京2021 for all

リアルイベント(代々木公園ケヤキ並木)のご予約はこちら

http://ptix.at/8EvP2J

green bird渋谷とのクリーンアップコラボ企画 「共に歩いて私たちの街をきれいにしよう」の予約ページはこちら

http://ptix.at/gh4Uc6

バディウォーク東京2021 for all特設ホームページ  https://suplife.or.jp/bw/

関連記事

  1. 6/19(土) 14:00-福祉をはなし、福祉とまじわる@元住吉

  2. 自由ってなんだろう?

  3. 【オンライン】3/4(木)14:00-16:00ADHDの母が子育てを…

  4. Facebookにてバディウォークの公開グループを作りました!

  5. 障がいを持つアーティストと支援環境について

  6. ダウン症のバービー人形