息子が選んだ般若の面

記事:ユミコ
お正月、初詣に行くとたくさんの出店が並んでいました。お面屋さんの前で叔父さんが「何かひとつ好きなもの買ってあげよう」と言ってくれて選んだのがこれ。

次男はウルトラマン、そして長男は迷わず般若のお面。歌舞伎やら能やら人形浄瑠璃やら、なぜか日本の伝統芸能に興味がある長男は、保育園の発表会でも歌舞伎役者の役をやらせてもらいました。変わった趣味だねと馬鹿にしたりせず、付き合ってくれた保育園。ありがたいことです。


私の小さな頃に比べると「これが好き」と堂々と胸を張って言える社会になってきているなと感じます。
「あなたはこれが好き、私はこれが好き。全然違うけどいいよね」


お互いを認め合うってこういうことなんだろうな。

関連記事

  1. Bliss Tree ワクワク教育講演会 『全てを受け入れる』 ~全盲…

  2. 分身ロボットカフェ DAWN ver.β

  3. 香りの記憶

  4. 【バディウォーク東京for all2023】未来スポンサー募集について…

  5. フリーランスワーカー.jp

  6. 手作りリボンレシピ