イエロードッグプロジェクト

記事•ミカ
療育園でのお母さん達との話の中で、子どもが散歩中のワンちゃんに距離感なく近づいたり頭を撫でようと手を伸ばしてしまう(我が子もです)、嫌なワンちゃんだっているよね、気をつけてはいるんだけど、、。という話しになりました。その時誰かが「距離をおいて欲しいワンちゃんは黄色い何かをつけているらしいよ」とプチ情報をくれたので改めて調べてみました。
犬と人の幸せな暮らしに役立つ情報配信を目指していらっしゃる「ドックドドッグ」というサイトの記事がとてもわかりやすかったので紹介します。ぜひご覧ください


「イエロードッグプロジェクトとは?犬のリボンに込められた意味を解説」

イエロードッグプロジェクトとは?犬のリボンに込められた意味を解説「イエロードッグプロジェクト」をご存じですか?黄色いリボンを使って犬に関するメッセージを発信する活動ですが、そのメッセージwww.docdog.jp



•イエロードッグプロジェクトとは、2012年にスウェーデンで始まった運動。
•黄色いリボンを犬につけることでメッセージを表明するイエロードッグプロジェクト。
「イエローリボンのメッセージ」
全ての犬が、誰にでもフレンドリーという訳ではありません。中には、神経質だったり、人が苦手だったり、恐がりだったりと、犬の個性はさまざまです。また、健康上の理由、トレーニング中、社会復帰の訓練中など、他の犬や人に近寄ってほしくない場面は多くあります。
これらの理由から、犬をそっとしておいてほしいというメッセージを黄色いリボンで表明するのが、「イエロードッグプロジェクト」です。
「イエローリボンはどこにつけている?」
•基本的にはリードにつけているのが一般的。犬を見かけたら、まずはリードをチェックすることを習慣づけるようにすると、イエローリボンに気づきやすくなるかもしれません。
•黄色いバンダナを付けた犬もいます。「怖がりです」「触らないでね」とメッセージが書かれている場合も多いので、注意してみてみましょう。
犬と生活している方ならご存知の内容かもしれませんが、私は子供の頃から現在まで犬と生活を共にする事がなく、今回初めて知る事ができました。
今回紹介した「ドックドック」編集の方より
「小さなお子様のいらっしゃるご家庭を含め、イエロードッグプロジェクトが浸透することで、お子様がいらっしゃるご家庭にとっても、犬にとっても外出がより安全で快適なものになることを願っております。」というメッセージもいただきました。
犬も(他の動物についても同じですね)感情や意志を持つ命です。興味を持ったり、かわいい!触れたい!という気持ちも素敵な感情ですが、相手の事を考えながら接していく事の大切さ(これは人に対してもですね)を子ども達に伝えていきたいですね。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

★SUPLIFE マンスリーサポーター、ご寄付はこちらから:https://syncable.biz/associate/SUPLIFE/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

関連記事

  1. 超福祉絵本展

  2. 児童養護施設にユニバーサル野球がやってきた!

  3. はじめての潮干狩り

  4. 「アルトタスカル」子供服

  5. 本「耳の聞こえない子がわたります」

  6. 7/31(土)19:00-継続的に一般就労するために必要なことは?