「おうち性教育はじめます」を手に取った理由

記事・ユミコ
私は2歳と5歳の男の子を育てていますが、最近「おっぱい!おちんちん!」といった言葉が面白い年頃で、兄弟でキャッキャとふざけ合っています。
男の子だから仕方ない、いずれ言わなくなるよ、とやり過ごしてもいいものかとちょっと気になり、偶然目にした「おうち性教育はじめます 一番やさしい!防犯・SEX・命の伝え方」という本の評判が良かったので読んでみることにしました。

母親とは体の仕組みが違う男の子にこれからどうしていけばいいのか知っておきたい気持ちもありました。そして私自身も性についてわかっているようでわかっていない。子供にきちんと説明できる自信がありません。

結論から言うと、自分の体に興味を持ち始める小さな頃から、子供を守るために教えられることがあるとわかりとても勉強になり、今読んでおいて早すぎることはなかったなと思いました。


口、胸、性器、おしりなどの直接いのちに関わるプライベートパーツは、たとえ親でも介助などで必要な時以外にふざけて触ってはいけないことなど。
性教育とは、自分の体を守り、相手のことも大切にすることを学ぶ機会だったんですね。

以下、amazonより抜粋です。
ーー
本書は、「うちにも赤ちゃんはくる?」といった突然やってくる素朴な質問への答え方から、性犯罪の被害者・加害者にならないための日々の言葉かけ、思春期に訪れる男女の心と体の変化まで、親子で一緒に学ぶことができます。毎日の家族の会話で子どもを守り、これからの時代を生き抜くための力を養うおうち性教育をはじめましょう


おうち性教育はじめます 一番やさしい!防犯・SEX・命の伝え方 (MF comic essay)www.amazon.co.jp1,430円(2020年11月17日 07:04時点 詳しくはこちら)Amazon.co.jpで購入する

NPO法人SUPLIFEオンラインサロンは随時参加者募集中です。

お気軽にご参加下さい。 https://m.facebook.com/groups/2602248779994227/

インスタグラム  https://www.instagram.com/nposuplife/

SUPILE LINE公式アカウント https://lin.ee/tBs42kW

関連記事

  1. SDGsを学べる!より良い世界の目標を知るためのすごろく

  2. 子ども達の未来スポンサーを募集しています

  3. イッツ・ア・スモールワールド

  4. 自由の森学園でお話してきました

  5. にじみ絵・はじき絵

  6. 子供の感染症対策