オンラインイベント 12/13(日)19:00「障害あるなし関係なく暮らしやすいまちを考える」

SUPLIFEでオンライントークをしていただいた就労支援A型B型職員ムーディさんからのオンラインイベントのお知らせです。

【障害あるなし関係なく暮らしやすいまちを考える】

12月13日(日)19:00~21:00開催!

障害あるなし関係なく暮らしやすいまちを考えるイベントやります。ゲストは滋賀県にある特定非営利活動法人BRAH=art.理事長の岩原さん。隠れ家的お洒落居酒屋跡デイサービス、ガソリンスタンド跡生活介護&cafegallery、酒蔵跡アトリエ。近江の国一之宮での朝市や、銭湯でのライヴ&ペインティングイベント。まちの有給不動産を活用した福祉実践をしている岩原さん。きらびやかなものが入ってきますが、近江びわこ学園に長年勤めていた岩原さんのその根っこにある理念に触れるのが楽しみ!そして、参加チケットにBRAH=art.の商品をつけることができる特典を用意しました!BRAH=art.のガソリンスタンド跡生活介護&cafegalleryのお食事券&見学チケット!そして3月に発売するBRAH=art.の本を先行予約できます!詳しくはイベントページをご覧くださいませ!https://fb.me/e/U0uPEDCR

—————————————————-

【福祉とまちとリノベーションについて考える】福祉とまちづくり。これを聞いてあなたは何を思い浮かべるだろう?障害・高齢などでハンディキャップをもっている人が健常者と障壁・差異・差別なく公共の施設や商業施設、交通機関を利用できるように環境を整備しようとすること。これも正しい。けどそんな物理的なものなのだろうか?誰もが暮らしやすいまちとはなんだろう?そんな福祉実践とは?滋賀県にある特定非営利活動法人BRAH=art.は福祉事業所でありながらリノベーションを取り入れたまちづくりをしている。隠れ家的お洒落居酒屋跡デイサービス、ガソリンスタンド跡生活介護&cafegallery、酒蔵跡アトリエ。近江の国一之宮での朝市や、銭湯でのライヴ&ペインティングイベント。リノベーションとは、既存の建物に大規模な工事を行うことで、住まいの性能を新築の状態よりも向上させたり、価値を高めたりすることをいうが、BRAH=art.が行うリノベーションは建物ではなくコミュニティ。「win-win」「税金で生きる」「アンティークとノスタルジック」を大事にするBRAH=art.が実践する「福祉とまちとリノベーション」。特定非営利活動法人BRAH=art.理事長の岩原勇気さんを招きお話しいただきます。

★こんな人におすすめ!・福祉とまちをセットで考えている方・地域との関わりしろに悩んでいる方・リノベーションに関心がある方・なんか面白そうだなぁと思う方誰でも大歓迎です!

【タイムスケジュール】

19:00 オープニング・チェックイン(注意事項、紀州FUKUSHI大学の説明、参加者自己紹介)

19:20 話題提供

20:00 感想共有

21:00 質疑応答・グループワーク

20:55 クロージング 

21:00 ゆるゆる交流タイム

22:00 完全終了

【お願い】・ZOOMを使用する関係上、当日、ZOOM自体に不具合が生じた場合は、すみません、責任を負いかねます。ご了承ください。(なぜだか音声が聞こえないなど、、、。)・できるだけ、顔出しでの参加を宜しくお願いします。背景は自由です。・ご自身で通信環境を整えてご参加ください。(通信環境が不安定な場合は、顔出しなしでも勿論問題ありません)・申し込み者は参加者用交流グループに招待するために「勝山陽太」というアカウントから友達申請を送らせていただきます。(グループに参加されてから申請を外していただいてもかまいません)―――――――――――――――――――――

【日程】2020年12月13日(日)19:00~21:00【講師】岩原勇気(特定非営利活動法人BRAH=art.理事長)【参加費】1000円通常参加費は1000円ですが、数量限定にて特典をつけることができます。※当日参加できない方でも申し込みいただけるとアーカイブ動画を送らせていただき、参加者交流グループに招待させていただきます。

▼申し込みはこちらから

https://peatix.com/event/1726622

▼チケット別特典内容一覧

〈参加チケット〉 1000円 定員99人当日のzoomURL、Facebook参加者用グループ招待、動画のアーカイブ配布、紀州FUKUSHI大学グループの招待

〈参加チケット+cafe&gallery spoonsお食事券+BRAH=art.見学チケット〉:3000円(送料込み)参加チケットに加え、BRAH=art.が運営するカフェ「cafe&gallery spoons」でのLunchと、3か所の事業所を見学するツアーがセットになったチケットです。cafe&galleryspoonsは、滋賀県の素材をより美味しく・美しく伝えたい、滋賀県で活動するアーティストを応援したいという想いで創った、福祉制度外のカフェです。個展や、イベント、各種団体の会議等にも使用され、周辺地域の人の集まるツールとなっています。Lunchは、野菜をふんだんに使った、映えるランチとなっています。※特典のやり取りはイベント終了後になります。

〈参加チケット+BRAH=art.の本先行予約(3月発売予定〉:3000円(送料込)今年度、BRAH=art.として、書籍を発行することとなりました。「BRAH=art.の本だが、BRAH=art.のことほとんど書いてないやんけ!!!」という感じの本になります。コロナ禍、それぞれが生きることに精一杯の時代。私たちが大切にしている社会への応援歌になるような書籍を目指し、現在、取材等を重ねております。3月に発刊する予定となっていますが、未だ見ぬ書籍に期待を込めて予約券を購入いただける方、よろしければ是非!もちろん、発売後は全国の書店で購入可能ですので、記憶の片隅に置いていただけるだけでも構いません☆彡※特典のやり取りはイベント終了後になります。

〈参加チケット+cafe&gallery spoonsお食事券+BRAH=art.見学チケット+BRAH=art.の本先行予約(3月発売予定)) 5000円 文字通り、上の特典をふんだんにつめたチケット。BRAH=art.をふんだんに堪能できる極上セット!

〈参加チケット+ムーディ個別オンライン相談〉 2000円 定員3名参加チケットの特典に加え、主催者のムーディと個別オンラインで60分お話できます。雑談でもオッケーです!ムーディが話せる内容・誰もが働きやすい環境づくりの実践をパワポにて講演・福祉イベントの開催の仕方、または相談・Facebookイベントページの作り方や広報の仕方・アメフトの話(元大阪代表で強豪校にいたのでそれなりに話せますが、プロの話は全く分かりません)・その他雑談※特典のやり取りはイベント終了後になります

【定員】97名【場所】ZOOM オンライン【申し込み】以下のリンクからhttps://peatix.com/event/1726622

————————————–

【講師プロフィール】岩原勇気特定非営利活動法人BRAH=art.理事長兵庫県出身2003年 龍谷大学社会学部臨床福祉学科卒業2004年 社会福祉法人びわこ学園入職。発達障害や重度の重複障害がある人たちと関わる仕事10年間をする。2014年 「障がいがあろうとなかろうと好きなこと得意なことを仕事にして精一杯生きる」をテーマに特定非営利活動法人BRAH=art.設立。同年、近江国一之宮「建部大社」で開催されている朝市「勢多市」に参加。BRAH=art.から「朝ごはん市」を提案し企画、以降同市の事務局を務める。2015年 隠れ家的おしゃれ居酒屋跡テナントを居抜きのままで、障害者日中一時支援事業所「Yafa~」開設。2017年 勢多の唐橋東詰めガソリンスタンド跡地に「cafe&gallery spoons」「生活介護事業所office-cosiki」開設。同年「瀬田唐橋まちづくりの会」に加盟。「唐橋まんぷく日和」等のイベントを企画。BRAH=art.として瀬田南学区で実施されているこども食堂「せたこどもカフェ」の運営や、学習支援「ブレークスくール」の運営に携わる。2019年 大津市石山寺に「atelierikkai-sankai」開設。artWorkshopや「音と在る日」などの活動。従来の福祉イメージではなく、開かれていて、おしゃれで、ここで働きたい!と思えるような場所づくりを心がけている。また、cosiki(コシキ)は自分たちが中心ではなく、軸と回りをつなぐ存在。障がいがあるひとが支援される側ではなく、地域を支援する側にまわることを大切にしながら、人と人とのつながりをコーディネートできるよう事業を展開している。

関連記事

  1. 映画「幸福は日々の中に。」

  2. モスジーバー

  3. お気に入りのクッキー(社会福祉法人トラムあらかわ 荒川ひまわり第2)

  4. ワークショップ12/13(日)藤沢商工会館(ミナパーク)「公園の新し…

  5. SDGsを学べる!より良い世界の目標を知るためのすごろく

  6. ダウンズタウンプロジェクト 佐久間寛厚さん「たった一つの個性から」オン…