エッセイ 岸田奈美「家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった」

SUPLIFEミカです。今回はおすすめ本の紹介です。

エッセイ「家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった」

以前カメラマンゆみこちゃんがインタビューを記事にあげてくれていた、作家の岸田奈美さんによるエッセイ本です。

ダウン症という生まれつきの障がいがあるけれど、いつも人に囲まれて生きている弟さん。

喪失や辛い体験を超えてまだまだ進化し続けるお母さん。

姿•形は見えないけれど、きっとどこかで見守っているお父さん。

辛く悲しい出来事も、関西人の奈美さんの語り口調で面白おかしく表現されていて、泣いたり笑ったりしながら一気に読んでしまいました。

わたし的には「あとがき」の最後の方にある、弟さんのエピソードにまたホロリ。

読んだ後に「よーし、生きていこう。笑ってね。」と改めて思わせてもらった一冊でした。

いつか岸田さんご一家にお会いしたいです。

NPO法人SUPLIFEオンラインサロンは随時参加者募集中です。

お気軽にご参加下さい。 https://m.facebook.com/groups/2602248779994227/

インスタグラム  https://www.instagram.com/nposuplife/

SUPILE LINE公式アカウント https://lin.ee/tBs42kW

バディーウォーク東京2021特設ページ https://suplife.or.jp/bw/

関連記事

  1. 4/2は世界自閉症啓発デー

  2. デザインの力で障がい者のものづくりを応援したい「equalto」

  3. 障がいのある子の「親なきあと」について考えたことはありますか?〜ライフ…

  4. 「全盲先生と142の瞳」

  5. 児童養護施設にユニバーサル野球がやってきた!

  6. バディウォーク東京オンラインイベントエンタメ動画