食に悩むお母さんへ2

【子育て・食】

おはようございます😊
今日は、「食に悩むお母さんへ1」https://suplife.or.jp/2020/05/11/%e9%a3%9f%e3%81%ab%e6%82%a9%e3%82%80%e3%81%8a%e6%af%8d%e3%81%95%e3%82%93%e3%81%b8%ef%bc%91/ 後編。

美保ちゃんのインスタライブに、管理栄養士ゆりえさんが出演されたときの「食」についてのレポです。(記事:美保)


前回の続きです。

うどんについての質問もありました。

うどんを丸飲みしちゃう子が多かったかな?
うどんは3センチくらいに切ってあげるといいそう!

そして、コシのあるうどんって、コシを出すため添加剤が多く入ってるそうで茹でても柔らかくなりにくいんだそう。

圧力かけても柔らかくなるの難しいとか?
しらなかった。。。

乾麺の方が柔らかくなりやすいそうです。

話は変わり、かじる過程。

前歯→奥歯でかじってゆくそうなんだけど、このかじるって難しいんだそう。

奥歯にプリッツやかっぱえびせん、サッポロポテト入れて噛む練習するのもいいそうです。

そして噛む前にやる押し潰し。

てかいやいや、食べるようになるまでこんなにいろんな過程を得ていたなんて!しらなかった!

この押し潰しが非常に大切なんだそう。

押し潰しとは。。。
舌を上あごや口の中の壁になるところへつけること。

これね、舌の筋トレになるんだって!

口の発達につながるので、豆腐や煮崩れたじゃがいもがいいそう。

あとひき肉。

ひき肉ってパラパラしてるでしょ?

これね、舌を使って唾液と混ぜて一つの塊にして飲み込んでるそう!

そんなことしてるなんてしらなかった!てかしらなかった連発!笑

舌使いが上手になることは口が鍛えられて発語にもつながるそう!

けど最初ひき肉上手に食べられない時はあんかけそぼろ、みたいに作るといいそうです。

水溶き片栗粉がない時はじゃがいも擦ってもいいそう!めんどくさい時は、介護のとろみ剤を使ってもいいそうです。

すごい!

そしてチラリ美容話。きゅうりをコロコロに切って奥歯で30回以上よく噛むとほうれい線に効くそう!

好き嫌いがでてきたときは、好きなもの、嫌いなものを分かるようになったことを褒めてあげるのもいいそうです。

お食事は楽しくって言っても、どう楽しくしていいか分からないですよね。

豪華な食事?

コミュニュケーション?

でもお話しできない赤ちゃんの場合は?

食べることの仕組みを知り、今自分たちが食べていることはすごいことで、このすごい技を親子で協力しあって獲得するぞ!

このミッションを達成させるための

「お食事の冒険の旅♡」

なんて思えたら楽しいお食事になるのかな?なんて思いました。

「食」は奥深い。

またインスタライブやれたら嬉しいなぁと思います。

ゆりえさんよろしくお願いします!

関連記事

  1. ご近所のお店でお買い物

  2. 小学生がえらぶ!”こどもの本”総選挙

  3. インクルーシブ学童

  4. 地域のごちそうを、食卓でたのしもう。

  5. 戸田恵子さん朗読絵本「チックタック約束の時計台」

  6. 明日からできる地球にやさしいこと④

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。