スペシャル・ビューティー・ジャパンで感じたこと

記事:ユミコ

先日スペシャル・ビューティー・ジャパン2024を観に行ってきました。スペシャル・ビューティー・ジャパンさんはバディウォーク東京for allの協賛企業でもあります。

このコンテストはダウン症・自閉症など知的発達障害のある若者たちの新しい成長の機会として、2017年から開催されていて、会場の山野美容専門学校のホールに到着すると、たくさんのお客さんで溢れていました。昔息子と同じ療育に通っていたお友達の姿を見つけることもできました。
コンテストが始まると、出場者がおしゃれな衣装に身を包んで、ランウェイを歩き、ポーズを決め、自己アピールする姿はなんとも微笑ましく、こちらまで笑顔に。会場ではたくさんの歓声があがります。数百人のお客さんを目の前に、緊張するだろうなぁ。

ランウェイでポーズを決めたあとは、ビデオメッセージで「自分の得意なこと」を事前に録画したものをスクリーンに写し、衣装を変えて再登場し、自分の夢についてのインタビューに答えてくれました。
「僕は恥ずかしがり屋です」という男の子が将来の夢を話す場面で「世界中の人と友達になりたい。その前にまずはこの会場のみんなと友達になりたい」と語る姿にじーんとしたり、出場者には山野美容専門学校の生徒さんがバディとしてひとりひとりついてくれるのですが、緊張した出演者の気持ちを落ち着かせるために背中をさすってくれていたり、舞台で頑張れたことをハイタッチして喜びあったり、短時間のショーの間には、素敵なシーンをたくさん見ることができました。

出場したお友達からは、学生さんたちにメイクをしてもらったり、舞台裏の和気藹々とした写真を見せてもらいました。とっても楽しそう!

出場者ひとりひとりが輝き、自分を自由に表現していて、その姿はとても凛としていて、私も心が自由になるような気持ちになりました。

Special Beautyオフィシャル – Special Beautyスペシャルビューティーは、ダウン症・自閉症など知的発達障害のある若者たちの新しい成長の機会。specialbeauty.org

関連記事

  1. 長谷部真奈見さんコラム『ダウン症のある娘の「できない」に「ゆっくりでい…

  2. バディウォーク東京2022

  3. Special Beauty Japan 2023

  4. セアカゴケグモ

  5. マスクれんしゅうちゅうです

  6. 補助金申請のポイント