あらかわ遊園リニューアル

記事: しょうこ

東京都荒川区にある、あらかわ遊園が3年間の工事を終えて、4月21日にリニューアルオープンしました 。リニューアルは1991年以来30年となります。
今回のリニューアルであらから遊園が新しく掲げたコンセプトは「どんな人でも楽しめる遊園地」だそうです。直径40メートルと以前よりも14メートル大きくなった観覧車には、車いす専用のスロープが設置され、乗り物には足の不自由な人や車いすの人でも楽しめるよう、専用スペースも設けられています。
あらから遊園は、100年前の1922年(大正11年)に避暑地として開園しましたが、第二次大戦の影響で荒廃地となってしまいます。
その後、1950年(昭和25年)より現在のような遊園地となり、以来ずっと地域の方々に愛されてきた施設です。
私も祖父母の家があらから遊園の近くだったので、子どもの頃はよく祖母に連れて行ってもらいました。いつもワクワクしながら出かけ、とても楽しかった思い出があります。
歴史あるあらから遊園が、これからも多くの人々に愛され続ける施設であってほしいと願っています。


あらかわ遊園www.city.arakawa.tokyo.jp

関連記事

  1. 分断性をなくす福祉の場づくりとは?

  2. ダウン症のバービー人形

  3. ユニバーサルマナー検定

  4. サポートブック

  5. インクルーシブデザイン

  6. 6/19(土) 14:00-福祉をはなし、福祉とまじわる@元住吉