「バディウォーク東京」で経験したあの思いをたくさんの方に届けたい

記事:ミカ
SUPLIFEミカです。
「バディウォーク東京2022forall」に向けたクラウドファンディングへ、日々温かい応援のメッセージと共にたくさんのご支援が届いています。本当にありがとうございます!
6年半ほど前にダウン症のある子を出産したあの日、分からないが故の不安、今までに経験したことのなかったいろいろな感情や葛藤、、。
そんな日々を過ごす中で「バディウォーク東京」というイベントを知り、それぞれの形で参加させていただきました。そして、自分は・この子は一人ではない、支えてくれる人たち、存在を認め大切に想ってくれる人たちがいた、という事を肌で感じ、我が子と一緒に前を向いていこう、自分なりの子育てを見つけてみよう、という感情が芽生えたことを思い出します。
一度は砕け散ってしまったように感じていたあの時の自分の心を、我が子と一緒に拾い集めながら生きる日々は思いのほか温かく、楽しいことが広がる世界であり、何よりカラフルであったことに気づかされました。
まだまだ道の途中ではありますが、私たちが救われたこの経験をたくさんの方に届けたい。あなたは一人ではないということを、優しい風が包んでくれるように届けたい。
そしていろいろな一人ひとりが当たり前に世の中で・社会で生きていて、当たり前にお互いのことを知り合うことができるようになる未来を願い、私たちは応援してくださる皆さまの思いと共に、いただいたバトンを繋いで走っていこうと思います。
「Buddy Walk Tokyo 2022 for all」に込められた思いがたくさんの方に届きますように!
~身近な方、周りの方にこの思いをシェアしていただけると嬉しいです~


◎バディウォーク東京2022 for all 特設サイト

BuddyWalkTokyoバディウォーク®とはダウン症の特性や能力を正しく理解してもらことを目的とした、あらゆる方が参加可能なチャリティーイベントでsuplife.or.jp


◎クラウドファンディングは2/28まで 

障がいのある子もない子も。みんな一緒の社会につながるイベントを届けたい!を拡大表示

https://camp-fire.jp/projects/view/382779

関連記事

  1. ドラえもん社会ワールド「お金のひみつ」

  2. あけましておめでとうございます。

  3. おうちの「余りもの」がオリジナルメニューに変身!~ポークたまごおにぎり…

  4. 障がいを持つアーティストと支援環境について

  5. 触法障害者の農福連携とソーシャルファーム

  6. 絵具遊び1