7/31(土)19:00-継続的に一般就労するために必要なことは?

ムーディさんよりウェビナーのご案内です。

継続的に一般就労している障害当事者と、その方を支援した就労支援に強い事業所「株式会社マーベリック」と「一般社団法人Gifted Creative」の2社から、「一般就労のヒント」をつかむ場を開催します!
大体こういうのって、支援者だけの一方的な場であることが多いから、当事者のリアルな意見が聞けるこの場、参加する価値ありです!
参加することで、一般就労に大事な視点やすべきことがわかるかも?!
7月31日(土)19:00~21:00、参加費無料のウェビナー形式!

▼参加方法
Zoomミーティングに参加する
ミーティングID: 825 6885 1535
パスコード: 334288
※当日は全員ミュート、画面オフ参加でお願い致します。

【一般就労した障害当事者に聞く!継続的に一般就労する方法について考える】
障害者の就労を考えるときに選択肢としてある「一般就労」と「福祉的就労」があります。「福祉的就労」は障害特性にあわせて働くことができる一方で、賃金が低い傾向にあり、最低賃金を下回るところもあります。一方、「一般就労」は「福祉的就労」より賃金が高いが、未だに多くの企業では障害者の働く環境は整えられておらず、障害特性の認知、環境変化のストレスへの対応、スキルなど、一般就労するためには多くのハードルがあります。障害者としても一般就労したいけど諦めている方も多いのではないでしょうか。
その中でも、一般就労して継続的に働いている人たちがいます。今回は一般就労に強い就労支援をしている企業「株式会社マーベリック」「一般社団法人Gifted Creative」の実践事例と、実際にそこを利用し、現在継続的に一般就労できている当事者の話を聞きながら、
・一般就労に向けて大切なこと
・一般就労するために必要なスキル
・継続して働くために必要なこと
を考える場をつくります。
前半は株式会社マーベリック、一般社団法人Gifted Creativeが一般就労の支援をする際に何をしているかに焦点をあてた実践内容をお話いただきます。
この場に参加することで、一般就労に必要な考えや支援が分かるかも。

【お願い】
・ZOOMを使用する関係上、当日、ZOOM自体に不具合が生じた場合は責任を負いかねます。ご了承ください。
・当日は全員ミュート、画面オフ参加でお願い致します。
・ご自身で通信環境を整えてご参加ください。
―――――――――――――――――――――
【日程】2021年7月31日(土)19:00~21:00
【登壇者】
■スピーカー 
【株式会社マーベリック】
代表 竹内さくら
当事者 森田慎次
【一般社団法人Gifted Creative】
代表 峯上良平
当事者 畑中亮人
■ナビゲーター 
ムーディ
【参加費】無料
【定員】296名
【場所】ZOOM オンライン
・ZOOMを使用する関係上、当日、ZOOM自体に不具合が生じた場合は責任を負いかねます。ご了承ください。(なぜだか音声が聞こえないなど、、、。)
・当日は全員ミュート、画面オフ参加でお願い致します。
・ご自身で通信環境を整えてご参加ください。
Zoom に慣れない方は10分前には入室いただければと思います。
受信環境の良いところで受講ください。PC参加を推奨しております。
ご利用の環境によってはご参加できないことがございます。
事前に推奨環境をご確認ください。
■必要環境■
<Windows>
【OS】
Windows 7 , 8 , 8.1 , 10
【ブラウザ】
Firefox、Chrome、Safari5以降、Internet Explorer7以降
<Mac>
【OS】
MacOS 10.7以降を搭載のMac OS X
【ブラウザ】
Safari5以降、Firefox、Chrome
<iphone/ipad>
【OS】
iOS 8.0以降
ipadOS 13以降
<Android>
【OS】
Android 5.0以降
<ネットワーク接続速度>
1.2Mbps以上(上り下り)
————————————–
【登壇者プロフィール】
■スピーカー
【株式会社マーベリック】
●竹内さくら
株式会社マーベリック代表取締役
1984年生まれ。2012年に株式会社マーベリックを設立し、就労継続支援A型事業所を川崎で始める。2017年11月放課後等デイサービス2事業所を別法人に事業譲渡。
株式会社Oikos代表取締役2018年設立し、障害者の方向け恋愛・婚活マッチングアプリめぐりば!運営。2021年6月つくば、7月宇都宮で事業所を設立し、今後も就労系福祉事業所と企業さんのお仕事を繋ぐ営業代行事業を展開していく。
現在はコロナをきっかけに料理にハマる。
●森田慎次
1971年3月25日生まれ。株式会社マーベリックさくらネットを経て現在は、介護付き有料老人ホームに勤務。ご入居様からの「ありがとう」がビタミンになり、「働くってたのしい!を感じて、いつも笑って過ごしている。
【一般社団法人Gifted Creative】
●峯上良平
一般社団法人Gifted Creative 代表理事/フロンティアリンクワークス 統括
大企業に入社するも1年目にうつを発症し休職、入院を経て退職。実家の梅農園にてリワークを行い、社会復帰。 友人を過労自殺で亡くした事がきっかけで自殺を行う人々がいなくなるよう、就労支援の場を作る活動をはじめる。
2018年5月、最初は一人暮らしをしていた自宅から居場所作りを始め、2019年6月にシェアハウスをオープン。 現在ではひきこもりの方を対象としたシェアハウスを3軒運営。
農作業での就労支援や、自身のうつ克服の経験から生きづらさを抱えた人々の仲間、居場所、仕事作りのアドバイザーとして活動を行っている。 シェアハウスに住む10名は就労&定着率100%。その実績もありセミナー登壇・企業コンサルや役員を行っている。
最近受けた心理検査でADHDと発覚、うつは二次障害であること知るなど、発達障がいもある当事者。
●畑中亮人
大学1年の時に統合失調症を発症し、14年間引きこもりの生活を送った。
その後、2019年10月に現支援者が行ったテレワークセミナーで繋がった。
最初は生活リズムを整えるための行動記録をつけていき、2020年1月からシェアハウスに住むことになる、最初は散歩で体調の改善をし、徐々にゲストハウスの掃除、セッティングのアルバイトなどをした。
4月から板金の車屋さんに就労体験として5月までお世話になった。
その後、バイク屋さんのバックヤードでヤフオクに出す品物の検品などをしているうちにバイクの解体に興味はないかときかれ、やってみると意外とできたので今でもやっている。
現在、バイク屋、ピアサポーターとして生活を送っている。
■ナビゲーター
ムーディ(勝山陽太)
ワイルドボアハンズサービス 代表
1994年生まれ。立命館大学産業社会学部卒。2017年社会福祉法人一麦会の日本最古の精神障害者福祉工場、就労継続支援A型B型「ソーシャルファームピネル」を経て、2021年一般社団法人プラスケアに所属。カフェ「となりの.」で実践に取り組む。個人では2021年4月より企画を通したPR活動事業を中心とした「ワイルドボアハンズサービス」を立ち上げる。「猫の手ではなく、イノシシの手なら貸します」をモットーに、相手の困りごとはなんでも仕事として引き受けるスタンスをとっている。
▼統合失調の様々な生き方を記したブログ「統合失調症の生き方は1つじゃねーぜ!」
https://note.com/togotogotogo
▼PR事業の相談は以下のアカウントにメッセージを送信くださいませ。
https://www.facebook.com/yota.katsuyama.7/
■グラフィックレコーダー
遠藤亜季
NEFNE
1993年愛知県生まれ。 京都市立芸術大学大学院美術研究科絵画専攻油画修了。 心療内科クリニックが母体であり、医療の枠を越えて活動する交流スペース「NEFNE」に勤務。企画制作をはじめ、ギャラリー展示など表現部分を担当。 個人の作家活動もゆるやかに活動中。
【主催者情報】
主催:株式会社マーベリック
責任者氏名:竹内さくら
住所:神奈川県川崎市川崎区宮前町2-2川崎エヌズビル5F

関連記事

  1. オノマトペ

  2. 口輪筋を鍛えよう

  3. がんばカンパニー

  4. オンラインイベント2/27(土)19:00-「障害と恋愛と結婚について…

  5. 書家 金澤翔子さんの展示会へ行って

  6. オンライン子ども大学