小児脳性麻痺くらちゃん&事業所社長カビゴンさん&SUPLIFE美保のインスタライブ レポート

記事:美保
【SUPLIFE月一オンライン】
6月20日(日)21時から
バディウォーク東京アンバサダー インスタアカウント@kura_chan_tomo くらちゃん
くらちゃんが利用する事業所 @lifemate.shiny 社長カビゴンさんに
お話を伺いました!
TikTokライブを観ていてお二人のやりとりが楽しくて、でも楽しいだけではなく、その奥底にはめちゃくちゃ分厚い信頼関係をビシビシと感じていたのですが、直接お話しさせていただいたら、その信頼関係を築くためのお互いの努力もたくさんしていてすごく感動しました。
くらちゃんは、自分がいないところで自分のことを決めないでほしいから、事業所のミーティングに参加しているそうです。けど、そうするとくらちゃんが傷つくこともあるよ、とカビゴンさんが伝えても、腹は決まってる!と、どんなに傷つくことを言われてもその場にいるそうです。
人に何かを伝えるって簡単じゃない。
時には勇気も必要だし、伝えることによって傷つくこともある。だから自分を守るために、人に伝えることをやめてしまうこともあったり。。。
そして人の思いを受け取る方も覚悟が必要で、真実を伝えるまでには最初にも書いた「信頼関係」をまずは築くことが大切だと思います。そこをすっ飛ばすことはできない。
これは本当の家族だってなかなか出来ることじゃないのに、それを日々やっているお2人がなんだかとても羨ましくて。
私とかのんも、いつかそんなふうに信頼関係を築くことができる支援者さんに出会うことができるのだろうか?と思うと、思いを伝えるくらちゃんと、その思いを受け取るカビゴンさんに泣けてくるのでした。
くらちゃんの夢は結婚。
そんなくらちゃんの夢を応援するべく、合コンに連れてっていると言うカビゴンさん。そんな話から、下ネタ話したり、お酒何が好きとか、いつの間にかくらちゃんに障がいがあるとかすっかり忘れてしまってました。
だからくらちゃんが顔にボトックス打ってるとか聞いた時も、くらちゃんは美意識高いんだ!ととんだ勘違い😅治療でしたね😅
詳しい内容は一つ前のポストにアーカイブを残してあるのでみていただけたらと思うのですが、たくさんの楽しい話の中に、心に響きまくることがたくさんあって、「生きることは心」だと改めて勉強させていただきました。
最後にお二人に聞いた
「共生社会とは」の答えが
くらちゃんは「敢えて気にしない」
カビゴンさんは
「みんなと違うの?まぁいいじゃん」という姿勢でいればいいのでは?と話してくれました。
そして最後にカビゴンさんの
「くらちゃん飲み行こうぜー!くらちゃん自分で飯も食えないし飲み物も飲めないの?でも俺一緒にいたいから俺がやるから大丈夫」
これが共生社会なのでは?と話してくれて、動画の私、よくぞ泣かずに頑張った!と思います。
だってこのフレーズ聞くたびに、涙止まらなくなるんだよー😭
こんなステキなセリフが普通に出てくるカビゴンさん、凄すぎやしないか?このカビゴンさんのセリフがみんな普通になれば「共生社会」なんて言葉はいらなくなるんだろうな。
優しさばかりでも一緒にいられないこともあるでしょう。人間だもの。けど、障がいのある人、それを支援する人、という枠を飛び越えて、ただただ羨ましいほどの人間関係を築いているお二人に尊敬しかありません。
夜遅くにお付き合いいただいて、本当に本当にありがとうございました!
カビゴンさんは、知的障がいの子どもの支援をしてきた方で、次回はそのお話しを掘り下げて聞きたいなぁと思っています!
くらちゃん、カビゴンさん、ありがとうございました!ご縁に感謝😆TikTokバンザイ!これからもよろしくお願いします。

NPO法人SUPLIFEオンラインサロンは随時参加者募集中です。

お気軽にご参加下さい。 https://m.facebook.com/groups/2602248779994227/

インスタグラム  https://www.instagram.com/nposuplife/

SUPILE LINE公式アカウント https://lin.ee/tBs42kW

関連記事

  1. 保育士による個別相談・ベビーマッサージ・触れ合い遊びなど(訪問またはオ…

  2. イベントレポート 10/18「インクルーシブな環境ってどんなふうに作れ…

  3. NPO法人gift様より感想をいただきました

  4. NPO法人SUPLIFE8月オンラインイベントレポ

  5. 11月23日親子バレエレポ

  6. 10月19日大塚商人祭りレポ