散歩で出会う草花達

記事:ミカ


梅雨の合間に散歩へ出かけると、草花達が雨を浴び生き生きと輝くようです。道端や公園に咲く身近な草花、名前や花言葉を知っていると散歩中に教えてあげられたり、何だか親しみも湧いてきます。今の季節によく出会う草花達を簡単にご紹介します。


写真①シロツメクサ(白詰草)〜クローバー〜
クローバーの花。指輪や編んで花かんむり、ネックレス、ブレスレットなどにできます。
花言葉「祈り•望み」

画像1


写真②ドクダミ(蕺草)
毒を抑えるという意味に由来するという説があるそう。白い花びらに見える部分は実は葉で、花は中心の突出した黄色い部分です。
花言葉「野生•白い追憶」

画像2


写真③ヒルザキツキミソウ(昼咲月見草)
アメリカ南部から元は観賞用として大正時代に日本にやってきたそう。
花言葉「無言の愛、自由な心、固く結ばれた愛、奥深い愛情」

画像3


写真④ スコルツォネロイデス
ヨーロッパに自生するタンポポで、和名はなし。茎がセイヨウタンポポよりも細く、通常1本の花茎に複数の頭花がつきます。
花言葉→見つからず、、残念。
一般的なタンポポが綿毛になる今頃咲いています。

画像4


写真⑤ セイヨウキンシバイ(西洋金糸梅)
初夏に咲く黄色の花から広がる金糸のような雄しべは60本以上もあるそう!
花言葉「太陽の輝き•きらめき•秘密•悲しみを止める」

画像5

NPO法人SUPLIFEオンラインサロンは随時参加者募集中です。

お気軽にご参加下さい。 https://m.facebook.com/groups/2602248779994227/

インスタグラム  https://www.instagram.com/nposuplife/

SUPILE LINE公式アカウント https://lin.ee/tBs42kW

関連記事

  1. 「おうち性教育はじめます」を手に取った理由

  2. 家族写真撮影

  3. みかんアート

  4. ダウンズタウンプロジェクト 佐久間寛厚さん「たった一つの個性から」オン…

  5. オンラインイベント 4/17 19:00-【常識の破壊!福祉から文化を…

  6. 「自閉症の僕が跳びはねる理由」が映画化