「充子さんの雑記帳」箱石充子 

SUPLIFEミカです。素敵な本と出逢ったので紹介させていただきます。

「充子さんの雑記帳」箱石充子 〜星湖舎〜

こちらの著書は、生後一年ではしかによる脳性麻痺から重度障害となった「箱石充子さん」が18歳で自立を決意、20歳で入所授産施設に自ら入所、様々な経験や思いを経て48歳で一人暮らしを始めた中で充子さんと出逢ったたくさんのボランティアの方々との心の交流の記録です。

自立して生活するにあたり、身の回りの生活介助なしでは生きてゆけない充子さんは、自ら大学の前へ出向き、学生さんをナンパし介助してくれる人を集めていきます。

生活全般に介助が必要、、と考えると正直明るいイメージが湧かずにいましたが、充子さんの生活を24時間体制でサポートしているボランティアさんが大学生の若い世代の方々が多い事、自分の思いをはっきりと伝え何より明るく魅力的な充子さんとのやりとりや生活がこの雑記帳(ボランティアさん達が書いている交換日記のような存在))の中で、充子さんも含め女子大生のお喋りのように記されています。

現在80歳を超える年齢の充子さん。

重度障害がありながら自立を目指し実現してきた道のりは、想像を絶する程高く大きく険しい壁と道のりの連続だったはずです。

それでも自立を目指し、たくさんの人の助けを自分の力でつかみながら叶えていきます。

そして「私が一人暮らしをしてきたのですから皆さんもできるはずです」と力強く伝えてくれています。

充子さんの言葉には力があり心に残るものばかりですが、特に胸に刺さった箇所を一部抜粋します。

「人の心のバリアは一番やっかいなものです。健常者と呼ばれる方々には、心のバリアをなくしてほしいです。段差のないフラットな駅やエレベーター、点字など、建物のバリアフリーはあとから作られるもの。人の心が変われば環境も変わります、、」 

(一部抜粋)「心のバリア」多かれ少なかれ誰しもが持っているのではないでしょうか。

でもその多くは「知らない」が故の不安や恐さから作られるもの、「知る」事でなくしていけるものなんだとSUPLIFEで出逢う方々に教えてもらう日々、そしてSUPLIFEの目指す大きなテーマなんだな、と改めて思います。

NPO法人SUPLIFEは「どんな人もその人らしく暮らしていける社会」を目指して、豊島区を拠点に全国へhappyを届けたいと活動している団体です。 障がいのある子、病気の子、LGBT…この世の中はいろんな人が地球を彩っています。小さな頃からいろんな子がいる事を自然と知る中で、大人になった時の心の壁が少しでもなくなっていたらと考え活動をしています。 この活動を皆様からのご支援なしで続けることが出来ません。 この度ソフトバンクから簡単に寄付ができる「つながる募金」の利用を開始しました。 携帯電話の利用料金の支払いと一緒に継続的な寄付ができるだけでなく、ソフトバンクスマホをご利用の方限定でTポイントでの寄付も可能です。 ご支援、ご協力を賜りますようよろしくお願いします。

—————————————

・SoftBankのスマホからご利用料金とまとめて寄付 https://ent.mb.softbank.jp/apl/charity/sp/select.jsp?corp=582  

・どなたでも可能 クレジットカードで寄付 https://ent.mb.softbank.jp/apl/charity/sp/creditSelect.jsp?corp=582 

 ・Tポイントで支払 (SoftBankのスマホをご契約の方限定) https://ent.mb.softbank.jp/apl/charity/sp/tpointSelect.jsp?corp=582  

・寄付方法選択画面 https://ent.mb.softbank.jp/apl/charity/sp/careerSelect.jsp?corp=582

関連記事

  1. きょうだい児

  2. 膝の曲げ伸ばしを意識した遊び

  3. コーヒーの効果

  4. 保育士による個別相談・ベビーマッサージ・触れ合い遊びなど(訪問またはオ…

  5. 手話歌 ブドウの実

    「ブドウの実」手話で歌ってみた!

  6. アース・オーバーシュート・デー