ダウン症文化論

サプライフゆみこです。

長年ダウン症の人たちのアトリエを開いているアトリエ・エレマン・プレザンの佐久間寛厚さん。まだ息子が産まれたばかりの頃、佐久間さんのトークショーを聴く機会がありました。

その時佐久間さんは「ダウン症は世の中にとって必要な存在です」と力強い言葉で仰ってくれて、本当に救われた気持ちになったことを今でも覚えています。

これは佐久間さんの9年間のブログをまとめたものです。

幸せになる、とはどういうことか。新しく豊かな世界が広がっていきます。

https://note.com/downsworld524

関連記事

  1. NPO法人夢・フレンズさんがバディウォークの旗を作ってくださいました

  2. どんぐり

  3. お花を見つけて写真を撮る

  4. サーカスさんの素敵なアクセサリー販売中

  5. 「全盲先生と142の瞳」

  6. 触法障害者の農福連携とソーシャルファーム