ダウン症文化論

サプライフゆみこです。

長年ダウン症の人たちのアトリエを開いているアトリエ・エレマン・プレザンの佐久間寛厚さん。まだ息子が産まれたばかりの頃、佐久間さんのトークショーを聴く機会がありました。

その時佐久間さんは「ダウン症は世の中にとって必要な存在です」と力強い言葉で仰ってくれて、本当に救われた気持ちになったことを今でも覚えています。

これは佐久間さんの9年間のブログをまとめたものです。

幸せになる、とはどういうことか。新しく豊かな世界が広がっていきます。

https://note.com/downsworld524

関連記事

  1. 超福祉絵本展

  2. 教育バラエティー「ワルイコあつまれ」

  3. さりげなく身に付けられる多様性と包括的なアイデア

  4. 感染を防ぐプロのマスクの付け方

  5. HERALBONY CARAVAN in 渋谷

  6. 書道家、金澤翔子さんとお母様から、バディウォーク東京10周年へお祝いメ…