「みんなで一緒に大塚deゴミ拾い」実施しました

記事:ユミコ
昨年の渋谷に引き続き、今年はサプライフの活動拠点となる豊島区の大塚でゴミ拾いを行いました。
今回は豊島区シルバー人材センターのみなさん、いつもサプライフがお世話になっている豊島区議会議員の細川正博さん、南大塚都電沿線協議会のみなさん、大塚マスジド・日本イスラーム文化センターの方々、チラシをみてきてくださったご家族、サプライフキッズのクラスメイト、いつもサプライフを応援してくれている「バディウォーク東京for all応援隊長」のれいちゃん家族など、まさに異年齢異文化交流!面白いゴミ拾いになりました。昨年参加してくれた子どもたちは始まる前から楽しみでわくわくしている様子。
3班にわかれてそれぞれの持ち場を掃除したのですが、かのんちゃんのクラスメイトがいる班はまるで学校でのやりとりのようにわいわいがやがや。ゴミひとつ取るのにも奪い合いです!笑
他の班も、子どもたちはゴミを見つけるのが本当に素早く、小さなゴミも見逃しません。一生懸命にゴミを拾い、1時間で袋いっぱいになりました。
古くから豊島区に住んでいるみなさんが、都電沿線に植えられている薔薇の話や、サンモール大塚商店街の話など、地理や歴史についてもお話してくださり、ゴミを拾いながら街を知り、愛着も一層深まります。子どもたちのこともとても可愛がってくれました。
イスラーム文化センターのみなさんは、ご家族で参加の方もいて、それぞれに出身の国が違っていて、どんな気持ちで日本に住んでいるのかなと想像したりもしました。これをきっかけにもっと仲良くなれたら嬉しいな。
ゴミ拾いの終わりに子どもたちは、豊島区障がい福祉課さんが提供してくださった賞味期限が近い防災備蓄品を、サプライフからはお菓子をお土産に渡しました。
ゴミ拾いの後は、気持ちも晴れやかです。


次回のゴミ拾いは4/6(土)
参加希望の方はこちらからお申し込みください

https://docs.google.com/forms/d/1x-oYbbyGvp2E5pvTJ9sOWK_s5OIaUmFgu6V8F10lPbY/edit?fbclid=IwAR3ky68MoLWAZkHAHcALWQgxdG65s9mrauV8O01UDNrs3aj1r5qanCGdHuU

・バディウォーク東京for all チャリティグッズ発売中です(3/31まで)

NPO SUPLIFE powered by BASESUPLIFEは「障がいがある人もない人も、自分らしく生き生きと暮らしてゆける社会にしていきたい」という思いを持って活動しsuplife.base.shop

画像
画像
画像
画像
画像
画像

関連記事

  1. 5/28スペシャルビューティージャパン開催されます@山野美容学校専門学…

  2. NHK Eテレの番組「おはなしのくに」

  3. 日本初!小学校内の障がい者作業所「ふれあいの部屋」

  4. 超・幻聴妄想かるた

  5. バディウォーク東京2022

  6. はじめての潮干狩り