雑誌VERY「家族のコトバ」の取材を受けて

執筆★まりな

今回ご縁あって、光文社の雑誌VERY 金沢由紀子さんより「家族のコトバ」という連載記事の取材をお受けしました。バディウォーク東京に来てくださった、岡田典子さんが繋いで下さったご縁です。

このコラムは家族からかけてもらった大切な言葉を軸に、その人の半生を紹介するもので、VERYで10年以上続いている人気の連載だそうです。

私は2年前、息子の出産後に思いがけず「ダウン症」の告知を受け、大変落ち込んだ時期を経験したのですが、その時から今に至るまでのエピソード、気持ちの変化などについてお話しました。

取材を受けるにあたって、久しぶりに出産当時の日記や写真を見返し、あらためて自分の気持ちに向き合うことができました。自分が今こうして元気な日々を過ごせているのは、家族みんなのおかげだったんだな、としみじみ感じました。

私は息子の誕生をきっかけに「バディウォーク」というイベントに出会い、SUPLIFEのメンバーとも知り合うことができました。

自分の知らない世界の扉をノックするきっかけを与えてくれる存在。それが家族なのかもしれません。家族って本当にありがたい存在です。

これからまた困難なことがあっても、家族がいればまた楽しく乗り越えていけるのかもしれない、そんな気持ちになった一日でした。

今回声をかけてくださったVERY編集部のみなさんと、機会を与えてくださったSUPLIFEのメンバーに感謝しています。

7月7日発売のVERY8月号、ぜひ読んでいただけたら嬉しいです。

==サポーター募集中==

SUPLIFEの活動を応援し、共に歩んでくれるサポーターを募集しています。

月額500円から。以下URLからお申し込みください。

NPO法人 NPO法人SUPLIFE障がいのある子もない子もどんな子も一緒に楽しめる場をつくり、小さい頃から当たり前に皆が共に過ごし成長できる社会を目指しますsyncable.biz

画像

関連記事

  1. バディウォーク東京2021 for allクラウドファンディング公開!…

  2. スポーツの秋

  3. オリパラって何で一緒にやらないの?

  4. 渋谷区長谷部区長にご挨拶

  5. ストローのおはなし

  6. SDGsアクションカードゲームX