滲出性中耳炎とは

我が家の次女かのんは0歳の時から滲出性中耳炎と戦っていて、この度3回目の手術を受けました。
滲出性中耳炎は、鼓膜の奥の中耳腔というところへ滲出液と呼ばれる液体が貯まる病気です。
貯金が貯まるならいいのに。。。

滲出性中耳炎の治療(鼓膜切開術、鼓膜チューブ留置術)|横浜市都筑区 おおた耳鼻咽喉科子どもの滲出性中耳炎の診察・治療は、横浜市都筑区のおおた耳鼻咽喉科。耳が詰まった感じがする、大きな声で喋る、聞き返す、呼んwww.ota-jibika.jp



こちらから抜粋させて頂きました。


滲出性中耳炎。。。
中耳腔内で炎症が起こると、中耳腔の細胞から炎症性の水が滲みでてきます。これを滲出液といい通常は中耳と鼻の奥をつなぐ耳管から喉の方へ排出されます。しかし、耳管が何らかの原因で機能しないと滲出液が排出されずに中耳腔内にととどまり耳の詰まった感じ(耳閉感)や難聴が生じる滲出性中耳炎を発症します。
また、滲出性中耳炎を長期間放置すると、癒着性中耳炎や真珠腫性中耳炎になりやすい状況になります。
チュービングしてはとれてしまうんだけど、それがけっこうサイクルが早いね?となり、今回は少し大きめでガッチリと入れることになりました。
鼓膜に穴があいて塞がらなくなるかも?というリスクはあるけど、それよりも液を貯めておく方がリスクが高いそう。
元気いっぱいのかのんだけれど、滲出性中耳炎や弱視、小児喘息、アデノイド、整形、と、まだまだ病院とのお付き合いは続いて行きそうです。
病院へ来るたびに、健康が何よりだな。と思います。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

★SUPLIFE マンスリーサポーター、ご寄付はこちらから

https://syncable.biz/associate/SUPLIFE/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

関連記事

  1. ストローのおはなし

  2. 記念切手

  3. 2/21(日)19:00~オンラインイベント【障害者雇用率20%?!ダ…

  4. イエロードッグプロジェクト

  5. 吃音ラッパー達磨

  6. 口輪筋を鍛えよう