ファシリティドッグ

こんにちは!みほです!
皆さんはファシリティドッグをご存知ですか?わたしはなんとなくの存在は知っていたものの、先輩ママさんからたまたま写真を送ってもらい、その存在がリアルになり、調べてみました!
※ファシリティドッグは医療チームの一員として、特定の病院にハンドラー(犬をコントロールする、臨床経験のある看護師)とペアで常勤します。犬の育成には国際基準に準じたトレーニングやフォローアップを採用し、2010年の日本に初導入以来、現在は以下の4病院で活動しています。
2010年〜 静岡県立こども病院
2012年〜 神奈川県立こども医療センター
2019年〜 東京都立小児総合医療センター
2021年〜 国立成育医療研究センター
ファシリティドッグが寄り添うことにより、小児がんや重い病気の子どもたちが治療を前向きに捉え、自尊心を保てるよう、子どもたちとその家族の生活の質の向上を目指す活動です。
ときどき訪れて短い時間だけふれ合うのではなく、同じ犬がいつもそこにいて多くの時間を繰り返し過ごせることが、入院治療している子どもたちの心の励みになります。

ファシリティドッグ・プログラム « シャイン・オン!キッズ – 小児がん、重い病気と闘う子どもたちと家族の支援のためにja.sokids.org



教えて下さった先輩ママさんの息子さんは、手術をされ、長期入院になるそうです。病院を治すために戦う子どもはもちろん大変だけど、入院の付き添いをするご家族もまた、同じように戦っています。
我が家も小さい頃はよく入院をしていましたが、外にでて青い空をみると、なぜわたしはここにいて、みんな管に繋がれている子ばかりで、一歩外に出ればみんな元気な人しかいない、、、と現実と夢の狭間にいるような気持ちになりました。
そんな時、このファシリティドッグが寄り添ってくれたら、きっと大きな励みになるだろうなと思いました。
先輩ママさんの息子さんは、20歳のお誕生日に手術をし、成功されたそうで、ダブルのお祝いを、ファシリティドッグのタイくんもしてくれたそうです。
早く退院できることを祈っています。

画像1

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

★SUPLIFE マンスリーサポーター、ご寄付はこちらから

https://syncable.biz/associate/SUPLIFE/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

関連記事

  1. イッツ・ア・スモールワールド

  2. 【みほとひまりとかのんと】のブログは、アメブロオフィシャルブログになり…

  3. ハートネットTV「【特集】医療的ケア児のいま 親子の居場所と必要な支援…

  4. 渋谷にインクルーシブの種を蒔こう

  5. ダウンズタウンプロジェクト 佐久間寛厚さん「たった一つの個性から」オン…

  6. HERALBONY CARAVAN in 渋谷