一通のお手紙

SUPLIFE美保です。
バディウォーク東京へ協賛してくださった 水引、晴子さんの投稿をご紹介させて頂きます。こうしたご縁を教えていただけること、とても嬉しいです。
私たちが生きている間、何人の人と出会うことができるだろうか?その貴重な出会いが、バディウォークを通して、ということは、主催者としてはとても励みになります。
晴子さんありがとうございます。


以下晴子さん記事より↓↓↓
一通のお手紙をいただきました
『はじめまして
この度はボランティアのお話をお伺いし、参加させていただきたく水引を送らせていただきます。
最近始めたばかりなので仕上がりが悪いかもしれませんがどうぞよろしくお願いいたします。
天国へ先に飛び立った祈りも込めて(ダウン症でした)送らせていただきます。機会をいただきありがとうございます。』
※原文のままです
※掲載許可いただいております


NPO法人SUPLIFE様主催 先日のバディ・ウォーク東京2022に現地で参加できない水引ボランティアの方からお送りいただきました。
K様、本当にありがとうございます。
白や薄桃色、黄色に深緑、紫色 水引ハートを手に取るとみづきちゃんはたくさん愛されて 色とりどりの水引に表されるように、笑顔が溢れた日々を過ごされたのだと感じます。
水引ハートはオブジェに飾らせて頂きみづきちゃんのご冥福を共にお祈りいたしました。
毎日笑顔でいても 沢山の想いがあります。
水引を結ぶことが鎮魂になり 今すぐ隣に行くことはできなくても繋がっています。
K様、今度ぜひご一緒に結びましょう!
そして、バディウォーク東京2022終了後も水引ハート届いております。沢山のお気持ち、ありがとうございます。
少しずつ飾って仕上げておりますのでご安心ください。全て想いを繋げたらオブジェをUPします☺️

画像1

関連記事

  1. 【バディウォーク東京for all2023】未来スポンサー募集について…

  2. 「ポリぶくろ、1まい、すてた」絵本と SDGs 2

  3. 記念切手

  4. DAIKI先生

  5. サークル チアフルの紹介「みーんなで繋がるインクルーシブ公園プロジェク…

  6. お花を見つけて写真を撮る