食べ物Tシャツを使ったコミュニケーションの工夫

たまたまなのですが、息子のTシャツにピーナッツの絵が書いてあった服を着せて行った時のこと。
保育園の先生が「ピーナッツちょうだい」と言って、息子がTシャツに書いてるピーナッツを取る真似をして、先生の口に運ぶ仕草をして、それがやりとりとして成り立っていたんです。
息子はダウン症があり、会話でのコミュニケーションが難しい部分もあるので「あ、これはいいな」と思って、バナナやハンバーガーなど食べ物柄のTシャツを着せていくことにしました。
すると自分の洋服から食べ物をとって、小さい子に「あーん」といって食べさせる真似をしていました。


食べ物に限らず「突っ込みどころのある服を着せてコミュニケーションを計る!」というのを実験しています。

NPO法人SUPLIFEオンラインサロンは随時参加者募集中です。

お気軽にご参加下さい。 https://m.facebook.com/groups/2602248779994227/

インスタグラム  https://www.instagram.com/nposuplife/

SUPILE LINE公式アカウント https://lin.ee/tBs42kW

関連記事

  1. LLブック・がんばカンパニー

  2. デザインの力で障がい者のものづくりを応援したい「equalto」

  3. 美保の近況と「肉まん」豆知識

  4. お気に入りのクッキー(社会福祉法人トラムあらかわ 荒川ひまわり第2)

  5. 第4回 【障害に○○はある?ない?】(たきお)

  6. 教えて永野さん!「音声読み上げソフト」