今マンホールが熱い!

サプライフの祥子です。
みなさん、今マンホールが熱いことをご存知ですか?
全国的にもデザインマンホールが注目を集めていますが、東京都にもたくさんのデザインマンホールがあるんです!
例えば、
品川区では、しながわ観光大使になっているシナモロール、
世田谷区では、円谷プロダクションが世田谷区内に創設されたため、ウルトラマン、
杉並区では、杉並区公式キャラクターのなみすけとナミー、
多摩市では、多摩センター地区にサンリオピューロランドがあるためハローキティ、
などなど、その場所に縁あるデザインとなっているようです。
デザインマンホールは東京都下水道局が制作していますが、やはり普通のマンホールよりは手間がかかります。
塗装の原料は特注の色付き樹脂を使用して、色付け作業は全て手作業で行われているそうです。
色付け後にガスバーナーで熱すると塗料が固まりより光沢が出ます。
それを丸一日乾燥させて出来上がりです。
デザインマンホールがあることは知っていましたご、東京都だけでもこんなにあったことも、色付けが手作業で行われていることも知らず、驚きでした!
関東も梅雨時期に入ってしまいましたが、梅雨の晴れ間にお気に入りのマンホールを見に行くのも楽しいかもしれません。
個人的には新選組が好きなので、日野市の土方歳三のマンホールが気になります。
こちらのサイトでは、マンホールの図柄をクリックすると由来や設置場所を確認できます。

いま”マンホール蓋”が熱い!!|東京都下水道局いま”マンホール蓋”が熱い!!の情報を掲載しています。下水道局の取組、計画、技術開発などについてご案内します。www.gesui.metro.tokyo.lg.jp

関連記事

  1. SDGsを学ぶ旅

  2. 第3回【いや、わたしできないから…は、◯◯!】(たきお)

  3. 美保の近況と「肉まん」豆知識

  4. スターバックス韓国がすべての使い捨てカップから脱却する

  5. 明日からできる地球にやさしいこと・レジ袋有料化 後編

  6. 地域のごちそうを、食卓でたのしもう。